ファイナンシャルプランナー~老後の相談

Published / by admin / Leave a Comment

社会保障額の増加、消費税増税、年金支給額の減額などによる家計状況の悪化から、
経済への懸念は世代問わず誰もが感じていることでしょう。
最近では下流老人や老後貧乏といった、
定年退職後年金世代になってからの経済状況を心配する言葉が新しく生まれ、
テレビや新聞・雑誌、インターネットといったメディアでよく取り上げられています。

この言葉は、現役世代は中流以上の生活を送っていた人であっても
老後に退職金を使い果たし、さらに年金ない状況により
生活保護を受ける状況に陥ってしまう老人をさしています。

現役世代に高収入であっても老後のことを考えず
国民年金を支払っていないと年金受給開始年齢になっても年金ない、
現役世代の貯金を例えば病気治療のためや事故、離婚などによって
財産を失ってしまうなど不測の事態によって
自活できないような経済状態に追い込まれ、
最終的に生活保護(参考サイト→生活保護の条件.com)の頼ることになってしまうのです。

こうした事態を防ぐためにも、
定年退職前にファイナンシャルプランナーに老後の相談をしてみると良いでしょう。
民間の個人年金保険に加入するなど、現在できる対策を教えてもらえます。
そのためにも現在の資産状況を自分でも把握しておきましょう。

相談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です