ファイナンシャルプランナー~金融資産の運用

Published / by admin / Leave a Comment

お金に関することは、知りすぎていても損はありません。

たとえば、貯蓄を活かして資産の運用をしたいときには、
株やFXなど様々な投資法を知っておくと良いですし、
逆に、お金がない時はリスクの少ない借入方法を知っておくと良いでしょう。
こんなサイトがオススメです→在籍確認無しでキャッシングできるの?

金融資産を運用する場合、色々な方法が考えられます。
増やすか守るかによってどんな運用方法が向くかも変わりますし、
どのくらいの期間で運用するかによっても方法が大きく変わってくるでしょう。
また、将来的にどうしたいのかによっても変わります。

株の場合、近い内に使途が決まっている資金は向きません。
売買で利益を上げるにしても株価をじっと観察していなければなりませんし、
うっかり価格の低い時に売ってしまうと金融資産は一気に目減りすることになります。
ただし、株主優待を狙うという場合は
長期利益を見据えて運用するという方法もあります。

近いうちに使途が決まっているお金を守りながら運用するという場合は
債権や定期貯金などの元金が目減りしない方法での運用が考えられます。
ですが、こうした方法はあくまで守ることに特化しているので
株のように売却益で大きな利益を上げるようなことは不可能です。

将来的な生活資金にしたい場合は個人年金で運用するのも一つの方法です。
個人年金は中身に株が含まれていたとしても
他の金融資産も含まれているため利益を上げながら守ることも可能です。

また、株で目減りしたとしても一定額の給付が保障されます。
増えた分はそのまま加算されるという利点があります。

自分にはどんな金融資産が向いているのかはなかなか分からないものです。
守りたいのか、増やしたいのか、目的を定めた上で専門家に相談することをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です