ファイナンシャルプランナー~資格の種類

Published / by admin / Leave a Comment

ファイナンシャルプランナーについては、
有名なものの中で大きく分けて二つの種類の資格があります。

一つ目は国家検定であるFP技能士であり、1級から3級まであります。
もう一つがNPO法人日本FP協会が認定する「CFP資格」と「AFP資格」があります。
FP技能士の2級がAFP、1級がCFPに対応しているとみてもよいでしょう。

どちらの種類に価値があるかとは一概には言えませんが、
FP技能士の2級とAFPとを比べてみると、
レベルや試験内容的にはどちらも同レベルですが、
FP技能士の2級が試験に合格すれば取得できるのに対し、
AFPは認定研修というものを受けなければならず、
資格の維持についても定期的な研修を受けなければならないという違いがあります。

そのため、一度合格すればそのままでよいFP技能士より、
AFPのほうが最新の事情に強くなるという意味で言えば
価値があるとみることもできます。

こうしたことも考えつつ、取得する資格を選んでいくとよいでしょう。
概要を知りたいというだけであればFP技能士のほうが更新等に気を遣わずにすみます。
仕事に直接活かすため最新の情報を常に手に入れたいと考えている人にとっては、
研修を受けることが出来るAFPが向いているでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です