作者別: admin

ファイナンシャルプランナー~リスク管理

Published / by admin / Leave a Comment

人生にはリスクがつきものです。80年ほどの長い人生において、
自然災害や交通事故にあったり、病気にかかるリスクは誰でもかかえています。

したがって、安心できる生涯のためにリスクマネージメントはかかせません。
結婚して家族を持ったら、経済のプロであるファイナンシャルプランナーに
相談してみると良いでしょう。

現在に年収や家族構成といった基本的な情報をもとに、
ファイナンシャルプランナーはその家庭に必要な保険プランを作成し、
見積書を作ってくれます。住宅ローンがある場合はそれも考慮して、
一家の大黒柱が病気や事故にあった場合に備える保険を紹介してくれます。

また、自然災害や火事、地震災害に備えた保険の紹介もあるでしょう。
現代は、少子高齢化がすすんでいるため
将来の年金受給にも不安をかかえている時代です。

子供が巣立った後の老後生活に備え、民間の個人年金保険も進化しています。
より手堅く老後に備えたい場合は、年金保険について相談するのもおすすめです。

また借金の返済に困っている人も
ファイナンシャルプランナーに相談してみるといいでしょう。
ローンをまとめる方法などローンの一本化について紹介があるでしょう。

年金保険については若いうちから入るにこしたことはありませんが、
ある程度ライフプランの見通しがつく50代に入ってからでも遅くはありません。
あらゆる角度からリスクマネージメントを行い、
安心できる人生プランを作成しましょう。

ファイナンシャルプランナー~節税税金対策

Published / by admin / Leave a Comment

お金を多く手元に残したいからと所得を低く申告したり、
いただいたお金を隠したりすることが脱税です。
多くの人はきちんと税金を納めて生きていますので、脱税はダメです。

また、自分の家族や友人は税金によって
国や地方公共団体によるサービスを受けています。
これは自分の身に置き換えても同じです。

ですからサービスを享受しながら納税しないということはしては
決してしてはいけないことなのです。
ですが、脱税はダメでも賢く節税することは問題ありません。

節税には色々な方法があります。

例えば控除や払い戻しを上手く使う方法。
医療費がかさみ月にかなりの高額に上ってしまった場合は
一定額以上の額の支払いをストップさせる方法や、
一度支払ってから払い戻しを受ける方法があります。

住宅ローンを組んでいる場合は条件を満たせば控除の対象になりますし、
寄付したり保険にお金を払っていたりする場合も控除が可能です。
脱税はダメですがこのように納税はきちんと果たし、
その上で節税を行うことは問題ありません。

他にも、相続税対策のために保険をかける方法があります。
相続財産を正しく申告せず脱税をすることはいけませんが、
各種制度やサービスの内容を正しく理解した上で
利用し節税することは賢く生きることと言えるでしょう。

ちなみにみずほ銀行カードローンは総量規制の対象外です
相続に関しては借金などカードローン情報は引き継ぎます。

ただ、控除や保険などは種類も多く細かな要件が定められているものも多々あります。
自分で判断するより専門家にきちんと相談してください、

ファイナンシャルプランナー~金融資産の運用

Published / by admin / Leave a Comment

お金に関することは、知りすぎていても損はありません。

たとえば、貯蓄を活かして資産の運用をしたいときには、
株やFXなど様々な投資法を知っておくと良いですし、
逆に、お金がない時はリスクの少ない借入方法を知っておくと良いでしょう。
こんなサイトがオススメです→在籍確認無しでキャッシングできるの?

金融資産を運用する場合、色々な方法が考えられます。
増やすか守るかによってどんな運用方法が向くかも変わりますし、
どのくらいの期間で運用するかによっても方法が大きく変わってくるでしょう。
また、将来的にどうしたいのかによっても変わります。

株の場合、近い内に使途が決まっている資金は向きません。
売買で利益を上げるにしても株価をじっと観察していなければなりませんし、
うっかり価格の低い時に売ってしまうと金融資産は一気に目減りすることになります。
ただし、株主優待を狙うという場合は
長期利益を見据えて運用するという方法もあります。

近いうちに使途が決まっているお金を守りながら運用するという場合は
債権や定期貯金などの元金が目減りしない方法での運用が考えられます。
ですが、こうした方法はあくまで守ることに特化しているので
株のように売却益で大きな利益を上げるようなことは不可能です。

将来的な生活資金にしたい場合は個人年金で運用するのも一つの方法です。
個人年金は中身に株が含まれていたとしても
他の金融資産も含まれているため利益を上げながら守ることも可能です。

また、株で目減りしたとしても一定額の給付が保障されます。
増えた分はそのまま加算されるという利点があります。

自分にはどんな金融資産が向いているのかはなかなか分からないものです。
守りたいのか、増やしたいのか、目的を定めた上で専門家に相談することをお勧めします。

ファイナンシャルプランナー~資格の種類

Published / by admin / Leave a Comment

ファイナンシャルプランナーについては、
有名なものの中で大きく分けて二つの種類の資格があります。

一つ目は国家検定であるFP技能士であり、1級から3級まであります。
もう一つがNPO法人日本FP協会が認定する「CFP資格」と「AFP資格」があります。
FP技能士の2級がAFP、1級がCFPに対応しているとみてもよいでしょう。

どちらの種類に価値があるかとは一概には言えませんが、
FP技能士の2級とAFPとを比べてみると、
レベルや試験内容的にはどちらも同レベルですが、
FP技能士の2級が試験に合格すれば取得できるのに対し、
AFPは認定研修というものを受けなければならず、
資格の維持についても定期的な研修を受けなければならないという違いがあります。

そのため、一度合格すればそのままでよいFP技能士より、
AFPのほうが最新の事情に強くなるという意味で言えば
価値があるとみることもできます。

こうしたことも考えつつ、取得する資格を選んでいくとよいでしょう。
概要を知りたいというだけであればFP技能士のほうが更新等に気を遣わずにすみます。
仕事に直接活かすため最新の情報を常に手に入れたいと考えている人にとっては、
研修を受けることが出来るAFPが向いているでしょう。

ファイナンシャルプランナー~老後の相談

Published / by admin / Leave a Comment

社会保障額の増加、消費税増税、年金支給額の減額などによる家計状況の悪化から、
経済への懸念は世代問わず誰もが感じていることでしょう。
最近では下流老人や老後貧乏といった、
定年退職後年金世代になってからの経済状況を心配する言葉が新しく生まれ、
テレビや新聞・雑誌、インターネットといったメディアでよく取り上げられています。

この言葉は、現役世代は中流以上の生活を送っていた人であっても
老後に退職金を使い果たし、さらに年金ない状況により
生活保護を受ける状況に陥ってしまう老人をさしています。

現役世代に高収入であっても老後のことを考えず
国民年金を支払っていないと年金受給開始年齢になっても年金ない、
現役世代の貯金を例えば病気治療のためや事故、離婚などによって
財産を失ってしまうなど不測の事態によって
自活できないような経済状態に追い込まれ、
最終的に生活保護(参考サイト→生活保護の条件.com)の頼ることになってしまうのです。

こうした事態を防ぐためにも、
定年退職前にファイナンシャルプランナーに老後の相談をしてみると良いでしょう。
民間の個人年金保険に加入するなど、現在できる対策を教えてもらえます。
そのためにも現在の資産状況を自分でも把握しておきましょう。

相談

ファイナンシャルプランナー~ファイナンシャルプランナーってなに?

Published / by admin / Leave a Comment

ファイナンシャルプランナーはお金の動きに関するプロフェッショナルです。
資格としては1級から3級まで存在し、
3級では家庭内の保険などにおけるお金
たとえば民間の医療保険などの話が出来る程度であり、
2級、1級と進むにつれて他者へのアドバイスがより深く出来るようになっていきます。

よくファイナンシャルプランナーのことをFPと略して呼びますが、
彼らは広くお金に関する知識を有するものとして、知っておくことが大事です。
FPは士業の資格ではないため、誰かの代理人として
行政に対する代理申請などは出来ません。
つまり、アドバイスを行うことが出来る存在であるということです。

民間の保険に関しても、また公的な保険についても相応に知識を有し、
また家計の見直し時においてもその家族の状況や今後の見通しを通じて、
お金に関する予測を行える貴重な存在です。

よく市役所や商工会議所などで講演を行ったり、
あるいは大型ショッピングセンターなどで保険の無料見直しをしているといった場合には、
彼らファイナンシャルプランナーが相談に応じています。

また、主婦向けに家計のやりくりの相談などもファイナンシャルプランナーが相談に応じます。
よくテレビ番組やコラムなどで支出と収入の関係、どこをどう修正すべきか説明していますよね。

主婦もどうにかやりくりをするものの、
教育費や食費、交際費など月々の支出を減らすのは難しいものです。

こんなところを利用する人も多いのが現実です。→http://xn--u9j7nsa9a2132actg0tme8c745af8h.com/

ファイナンシャルプランナーはすることあくまで助言です。

助言を受けて決断を行うのは相談をする側であり、
代理人として何かが出来るわけではないところが士業と根本的に違う点になる資格です。